バナー

お得ながん検診無料クーポン

「がん検診無料クーポン」というものがあるのをご存知でしょうか。
厚生労働省が実施しているがん検診推進事業において配布されている「検診手帳」とともに各自治体から配布されています。



日本では、「がん」が昭和56年以降死亡原因の第1位となっており、年間のがんによる死亡者数は30万人を超えています。医療の進歩により、早期発見、早期治療が可能となってきていますが、まだまだがん検診の受診率がそれほど向上していないのが現状です。


がんによる死亡者を減少させるため、がん検診の受診率を向上させようと国が推進事業を行っているのです。このため、一定年齢に達した人に、がん検診無料クーポンと検診手帳が配布されます。

対象となっているのは、子宮頸がん、乳がん、大腸がんです。

それぞれの検診が無料となるクーポンが配布されています。

子宮頸がんの検診クーポン配布対象となるのは、20歳、25歳、30歳、35歳、40歳となる女性です。



乳がんの検診クーポン配布対象となるのは、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳となる女性です。



大腸がんの検診クーポン配布対象となるのは、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳となる男性と女性です。

もし対象となっているのに通知が来ない場合は、現在住んでいる市町村等の担当窓口に問い合わせることで、確認することができます。もし、自主的に検診を受けようとする場合は、受診料が自主負担となることを考えると少々面倒でも問い合わせるべきでしょう。